初心者の方でも確実に深い空(くう)の世界に入れる瞑想法「フルフィルメント瞑想」の情報ブログ。
<< スモークヒーリング | main | 煩悩と啓発 >>

転生

 

質問と回答
祖母が亡くなりそうです。
死の間際、私は祖母に何をしてあげれば良いのでしょうか?

回答

一番いいのは、おばあさんにどれだけ愛しているかを伝えてあげてください!
そして、彼女が去ってもあなたは大丈夫ということを伝えて下さい。
亡くなった後、彼女は、より健康になって、幸せな状態になります。
彼女に、彼女が次の世界で幸せになるのだったら
自分も幸せだよと伝えてください。
そして、これからもずっと愛していると伝えてください!

回答に対する返信

認知症で理解出来ない状態ですが、愛してる、大丈夫心配要らないよ、と語り掛けたいと思います。

回答

彼女はもうすでに、素晴らしい場所に行っています!
片足はこの世界に、もう一方の足は次の世界にあります。
次の世界は瞑想のような感じなんですよ。
その世界はすでに愛と共に彼女に挨拶をしています!

質問

人間はまた人間に生まれ変わるのでしょうか? 仏教では人間以外にも生まれ変わると聞きますが・・・

回答

マハリシはかつて、 「一度人間になると、動物にもどることはない」 と私たちに言いました。 ブッダも同様なことを教えています。 ですが、このことに関して今日多くの誤解があります。 あなたのおばあさんは、選択を与えられます。 彼女は、この世界に戻ってくるか、 スピリチュアルな領域にとどまるか選ぶことができるのです。 なぜでしょうか? それは、あなたがスピリチュアルな生活において 素晴らしくよくやっているからです。 あなたが行ったことが、彼女に影響しているのです!

質問

私は特に善行を行う訳でもなく、スピリチュアルな生活とはかけ離れていると思うのですが・・・ その私が祖母に影響をですか?

回答

あなたは、瞑想はしていますか? もしそうなら、最高の徳を積んでいることになります。 これが自然の道なんです。 そして、スピリチュアルに成ろうとしなくても、 自然にスピチュアルを実践できる道でもあるんですよ。

質問

瞑想は殆どしていません。ですが、この世の真理を頭で考えるのには限界があると思うので、瞑想を始めてみたいとは思っています。 殆ど瞑想してない、ましてスピリチュアルな生活もしてない、善行もしている自覚がないのに祖母に私の良い影響が行くのは何故なのでしょうか?

回答

あなたが良い存在だと感じることができるのです。 それが、あなたの徳となっておばあさんに対しての徳にもなっています。 良い徳というのは、行いのみで積まれるわけではありません。 それは、ハートから放射されるものなのです。 あなたはそれをやっているんです。

質問

先程、祖母が旅立ちました。 色々アドバイスありがとうございました。 今は彼女が幸せな状態に留まれる事を祈るばかりです。 ですが、この3週間、彼女が徐々に弱り、衰弱し、荒々しい呼吸になり死んで行く過程を間近で見て来ましたが、死と言うものが益々怖くなりました。 私が無知で無明だからでしょうが、この死に対する恐怖を克服するには、やはり悟りに至るしかないのでしょうか?

回答

本当によくやりました! あなたのお婆さんは今しあわせです。 彼女は自由です! あなたが見ていた彼女の体に起こったことは、 彼女の魂が去って行くときに起こったことにすぎません。 彼女の魂は、苦痛を感じていないことを覚えておいてください。 魂が去る時に、肉体のみが経験していることなのです。 普通は、魂が最終的に自由になるのに数週間かかります。 このように考えてみてください。 あなたの車が動かなくなってしまった時にあなたが感じる苦痛は、 車が動かないというフラストレーションだけですよね。 実際には、車から苦痛を感じることはありません。 魂は、これによく似ています。 魂は体の中にいても苦痛は感じていません。 ただ、体が思うように動かないのでフラストレーションを感じているだけです。 最終的には、そこから離れて自由になります! 瞑想はあなたを自由にします。 忍耐強くあってください! 生きるということに関しての意味について 学ぶことはたくさんあります。 啓発はやがてやってきます。 あなたはユニバースにリクエストを送りました。 そして、ユニバースはそれを聞いてくれました。 あなたのお婆さんは、自分の孫が正しい道に入ることを知って、 去って行きました。彼女は幸せです。 あなたに祝福がありますように!

質問

人の魂は亡くなった後、次の転生まで数週間はかかるとBobさんはおっしゃいましたが、火葬されて肉体が無くなった後、魂はどこに在るのでしょうか?

回答

この物理的世界を超えた魂の次元があります。 その次元には、多くのレベルの天国や地獄があります。 一度魂が去ると、その人生を見直しカルマをクリアするために 経験の異なるレベルへと進みます。 これらの次元には、たくさんの教師が魂を助けてくれます。 そしてそこで49日経った後は、 新しい肉体を見つめて新しい人生を始める準備が出来ます。 あなたがお婆さんに行った徳は、彼女のカルマをクリアする助けになりました。 彼女は、その次元で今でも学んでいるのです。 彼女は幸せでとても平安です。 そして、彼女はあなたと家族みんなが大丈夫だということも知っています。

質問

昨日、祖母の火葬が行われました。 Bobさんに彼女が幸せな状態に在ると教えて貰って居たので、気持ちは落ち着いていましたが、やはり涙が溢れてきました。 余り悲しむのは彼女にも良くないのでしょうか? 死後の事についての詳しく、正確に書かれている本は無いのでしょうか? 無ければBobさんが出版されるというのはどうでしょうか? それともやはり、瞑想によって自分で感じ経験するのがBestですか?

回答

彼女はとても幸せで、あなたが寂しがっていることも理解しています。 あなたが彼女を愛し、彼女は大丈夫だと知っています。 ですが、寂しさもあります。 悲しさを感じてください。そして、幸せと自由を楽しんでください。 死後のことを書いた本は、英語の本は一冊あります。 それは、チベットの僧侶によって書かれた、 ” the art of living and dying”  という本だったと思います。 わたしは今その本を持っていません。 なので、火曜日にチェンマイに帰ったら 正確な名前を教えられると思います。 いずれにしても、瞑想してカルマを解放するのが一番いいです 良いことをして、楽しんでください!

質問

せっかく本を紹介頂きましたが、残念ながら私の英語力では、正しく理解出来ないと思います。 Bobさんがいつの日か、死後から生まれ変わるまでの詳しい説明が書かれた本を出版なされる事を期待しつつ、今は瞑想にチャレンジして行こうと思います。 それと、啓発=悟りと捉えてよいのでしょうか?

回答

わたしの理解では、悟りとは一瞬の気づきのことです。 この一瞬の気づきが拡大して、永遠の現実になったものが、 啓発です! この先もあなたの質問に答えていきたいです。 あなたの質問は、あなたのハートからのものです。 あなたの質問を、大歓迎します。

質問

仏教では人間に生まれて真理と出会い、修行出来るのは気の遠くなる程、稀な確率であると聞きます。 その貴重な人間としての時間を無駄にしてはならないと。 しかも悟りに至るには何千何万回と言う転生が必要だと。 一度啓発に至ると生まれ変わらずに高い次元に留まる事が出来るのでしょうか? それとも啓発に至ると菩薩の心が生まれて多くの魂を救う為にまた人間に転生するのでしょうか?

回答

あなたの言う通りです。 私たちは既に何千も人生を経験しています。 私たちは、考える以上に近いところにいます。 一度私たちが新しいレベルの意識を得ると、 二度と後退することはありません。 私たちが到達してレベルは永遠になり、 失われることはありません。 意識は、転生とは異なるものです。 俳優さんがが演じている役は、彼ら自身ではないのと同じことです。 高い魂は、時々この次元に戻ってくることを選ぶことがあります。 私は、マイトレイヤがやってくるまでなんども戻って来る約束をしました。 すべての魂が啓発するまで、それぞれの人生で私はベストを尽くします。

質問

転生で動物や虫に生まれ変わる事はもうないのですね。安心しました。 でも、何故仏教では動物や虫や餓鬼に生まれ変わると教え、不安心を煽るのでしょうか? 人が悪い行いをしないようにする方便なのか、真理が正しく伝わってないと言う事でしょうか?

回答

仏教では、人間はまた動物に生まれ変わると考えられています。 ですが、実際は私たちが人間として生まれ変わる以前に、 なんども動物を経験してきています。 マハリシはいつも、人間の魂がまた動物に生まれ変わることはあり得ない と言っていました。 私たちは動物の形態はすでに超えて進歩しています。 すでに、より自由な意思を楽しめる洗練された魂をもっているのです。 動物たちは、自由意志を持っていないのです。 個人的には、私たちのような完成された魂が 動物の体に入るのは不可能だと思います。 進化の方向というのは、後退することは決してありません。 私たちは啓発するまで、意識を発展し続けるのです。 マスターたちが語った多くのことが、のちの世代の人たちに 間違って伝えられています。 それは、マスターの教えを伝えた人たちの意識が啓発していないからです。 マスターがなくなると、マスターが教えたすべてのことも失われます。 残るものは、それを読んだ人たちに間違った意味を伝える言葉のみです。 ”マスターが話したことは、生徒たちが聞くこととは違います” という古い格言があります。 マスターは、無限の視点から語っています。 生徒は、制限された視点から聞いています。 マスターたちと生徒たちの違いは、この無限なのです。 結局、私たちは自分自身で真実を見なければなりません。 これが、ブッダが教えたことではありませんか? 彼は、私が言ったからといってそれを盲目的に信じるなと言いました。 あなた自身で見て、直接真実を知ってください。 あなたのコメントありがとうございます。マイフレンド。

質問

元々、我々には自我と言う物が無く、無知無明が故に転生を繰り返すと仏教では言います。であれば、我々の究極のゴールとは大いなる一つの意識、よく聞く宇宙意識と呼ばれるものに帰る事なのでしょうか?

回答

はい、私たちの最終目的は宇宙意識であり、それを超えたものです! 啓発とは、決して終わりがありません! それは、ただ始まって、始まって始まるだけです! なので、あなたが啓発した後であってもサポートします! まだまだ、学ぶべきことがあります。 一度私たちが啓発した後は、私たちの無知を脇によけるのです。 そうすると、無限へとさらに早く成長します。

質問

回答

質問

回答

質問

回答

 

 

2001.01.24 Wednesday | - | trackbacks(0) | Top