初心者の方でも確実に深い空(くう)の世界に入れる瞑想法「フルフィルメント瞑想」の情報ブログ。
<< 転生 | main | 宇宙意識の感覚とは? >>

煩悩と啓発

 

質問と回答
仏教では厳しい戒律を守り、長い時間をかけても今生で啓発どころか、悟りに至る事さえ、難しいとされていますが、
私と言えば、煩悩も多く、それらに振り回せれる毎日です。
そんな私でも今生で啓発に至る事が可能なのでしょうか?

回答

煩悩は心配しないでください。
煩悩は、啓発への障害にはなりません!
むしろ、啓発へと私たちを導いてくれます。
問題は、私たちが煩悩を持っているということではありません。
問題なのは、私たちの結果への執着なのです。
煩悩を持ちながら、それを手放してください。
そして、ユニバースにあなたの望みが叶うようにゆだねてください。
私たちは、どんな形で望みが実現するか決してわかりません。
それが期待しないときであっても、
わたしたちはつねに必要なものを得ています!

質問

ユニバースとは宇宙意識の事ですか? 私が読んだ仏教の本では祈りは意味無いと書かれてありました。誰も助けてはくれない。だから自分自身の煩悩を手放して悟りを得るしかないと。 一見、シビア過ぎるとも思える程の厳しいさがあるのが仏教だと認識しています。 ですが、煩悩を手放す事など、私に出来るのか疑問です。 食欲、性欲、物欲、全てに於いて手放す事が難しいです。 それとも無理に手放そうとせず、瞑想し、ユニバースに身を任せれば、自ずと煩悩を手放す事が出来るのでしょうか? ユニバースに身を任せるとは祈りとは違うのですか?

回答

煩悩は、自然の力です。 それが、私たちを意中意識の偉大な喜びに導いいてくれます。 煩悩は問題ではありません。 それは、究極の幸せである啓発へ 私たちを導いてくれるガイドであり、マスターです。 私たちの意識が成長すると、煩悩もかわってきます。 私たちはよりはっきりと本当に必要なものがわかるようになります。 そしてただ自然に、それぞれの瞬間、私たちの感覚に従うようになります。 煩悩が問題になるのは、未来についてマインドが考えすぎて それが障害になってしまうからです。 ただ単に、今この瞬間の感覚とともにあり、それがどこに行くのかみてください。 期待はしないでください。 ただたんに、次に何が起こってもオープンでいてください。 祈りは、普通はメンタルなものです。 ユニバースとは、私たちが人生と呼んでいるエネルギーの流れのことです。 ブッダの教えはすべて、啓発していない学者によって解釈されています。 ブッダの真の教えは、私たちの静寂なハートと開かれた気づきのなかに、 安住することなのです。

質問

つまり瞑想によって煩悩の質がどんどん変わって行くので、考え過ぎず、流れに身を任せる。と言う理解で合ってますか? 僧侶の方で、長年真面目に修行を積み、そ、れでも啓発に至れないのは何故でしょうか?

回答

あなたと理解は正しいです! 仏教の僧侶たちが啓発できない理由は、 彼らが深刻すぎて決して手放して、 修行を自然に進展させないからなのです。 私たちが努力をすればするほど、 自然の流れを妨げるのです! 鍵は、ただリラックスして起こるがままに委ねることです。 もちろん、瞑想することは自然に私たちを空に連れて行ってくれるので とても助けになります。 これがフルフィルメント瞑想の奇跡です。 私は、私の幸運の星を毎日数えています。 わたちがこの瞑想を見つけたこと。ババジ、マハリシ そして、アセンションしたマスターたち、などなど。 本当にどうもありがとう!
 

 

2001.01.24 Wednesday | - | trackbacks(0) | Top